上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.21 違いますっ
今日も、明け方に胃液ケーに襲撃されてしまった。
またご飯が食べられなかったという事だ。
うーちゃん、どうも調子が上がらない…。

けれど
6時くらいにのっそりと起き出した後は一階へ直行し
いつもよりボリュームダウンはしているものの
うなうなうなと騒いでいる。
ああ、お散歩の催促をする元気はあるのだな、と
ホッと胸を撫で下ろす介護人…。

しばらくすると母がお散歩の用意をしている気配がして
やがてうなうなという声もストップしたので
「ああ、出発したな」と安心し、ポケッと二度寝してしまった(^^;)


約1時間後。
やっと起き出した介護人、お猫さま家事をしながら母に尋ねた。
「うーちゃん、ご機嫌さまでお散歩した?」

母の答えは
「ううん、しない」

へ?と思って更に尋ねると
何と、うーちゃんはお散歩に行っていない、と言うのである。

母が言うには
足拭きを用意してちゃんとハーネスを着けて
さあ出発!と玄関の扉を開けた途端…
うーちゃんが大きな声で
「ちがぁーう!」と言ったのだそうだ。
そして、スタスタと広縁に行って、ベッドに入ってしまったと。

あまりにもハッキリと言われたので、思わず唖然としたという母。
何度も何度も
「うーちゃんに『違ーうっ』て言われちゃったよぉ~」と繰り返す。


う~む。
うーちゃんったら、ついに
「ニンゲン語を話せる」とカミングアウトしてしまったのだろうか!?

聞きたかった、
介護人も是非、聞きたかったぞよ。







ちがうったら、ちがうのっ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。