上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.07 勝負あり
台風の直撃で、酷い貧血になった時のような気持ち悪さに見舞われた介護人。
強風で家が揺れ続けるものだから
気持ち悪さが増幅されて、まるで船酔い状態だ。

昨夜はとっとと寝てしまおう、と思ったのだけれど
もの凄い騒音で全く眠る事が出来ない。
仕方がないのでうーちゃんのそばで行き倒れていたら
それはうーちゃんも全く同じだったようだ。
眠いよ~、でもウルサイよう~、という困ったようなお顔で
ずっと固まり続けている。

…そうだろうなあ。
介護人の10分の1の身体しかないうーちゃん。
この低気圧には、きっと介護人の10倍の辛さを感じているだろう。
そして
そのお耳に聞こえる騒音は、半端なものではないだろう。
可哀想に可哀想に(T_T)


結局我らは「完徹ペア」。
お互いに若くないのでもう大変…
と思いきや。

うーちゃんはそれほどメゲた様子もなく
介護人が、うーちゃんも大好きな「さる方」と電話でお話していたら
さかんに会話に参加しようとしているのだ。
うーちゃんの口数はご機嫌さんのバロメーター。
凄いなあ、うーちゃん。
まだまだ完全復調には程遠い状態のはずなのに。


夕方になって、風も落ち着いた頃
やっとの事でうーちゃんのおやすみタイムがやって来たようで
カウチに突っ伏して昏々と眠り始めた。



ぐうぐうぐうぐう。

070907a.jpg



小一時間も眠った頃だろうか。
うーちゃん、突然ガバッ!と起き上がった。
そして、あたりをキョロキョロ見回している。
まるで…そう、
電車で居眠りしていて乗り過ごしたおぢさんのようだった(笑)

介護人の姿が目に入ると、大きな声で
「ぶみゃーん、ぶみゃーん、ぶみゃーん!」
もしかしなくても
「ご飯持って来てくださいなー」とのお達しだ。

うーちゃんったら。
ひと眠りしたら、今度はちゃんとご飯も召し上がってくださるなんて。
本当に、何て素敵なお猫さまなのでしょう。
いまだにヘロヘロしていて
ほとんど使い物にならない介護人とは何たる違い。

…この勝負、うーちゃんの完勝!


あ。
そうか、そんなの当たり前か。
そもそも…
うーちゃんに勝負を挑もうなんて、百年早いのだったっけ(^^;)






やっぱりお外シッコは気持ちがイイです~。

070907b.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。