上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.03 お外はお薬?
胃液ケー防止ご飯に
嫌なお顔もせずに協力してくれていたうーちゃん。
昨夜12時頃のお口にポイもあっという間に完了した。
あまりにも健気な姿に涙が出そうだ(T_T)

けれど…。
そのほんの1分後
苦しそうに咳き込んだと思ったら、今のご飯を全てリバース。
いや…
今のご飯だけではないぞ。
これは、これは…5時間半前のご飯も一緒だ!
たまたま今のご飯とは違うご飯だったので一目瞭然。
しかも、全く消化していない…。

ひえええ~。
確かに、腸はお休みしたほうが良いけれど
胃まで一緒にお休みしてしまったなんて。
まずい。
これでは「お口にポイ」は出来ない…。

こうなってしまったら
もう、胃液ケーを覚悟で絶食しかない。
更に元気がなくなってしまったうーちゃんをナデナデしながら
何とも切ない気分になる。
介護人はそのまま、カウチの下で寝る事に。

うーちゃんは
ご飯ストライキだけではなくお水までストライキに入ってしまい
ただ、くて~っとしているだけ。
お水を飲めないのは死活問題なので
ちょこちょこと起き出しては、シリンジでお水をお勧めした。

長い長い夜。
覚悟の胃液ケーは、午前3時過ぎと午前6時半の2回(T_T)
あまりにも無力な自分が情けなくて
お豆腐の角に頭をぶつけて自爆したくなった。


それなのに。
部屋を出たうーちゃんは、何と、一階で大声選手権。
一体どこにそんな体力があるのだ!?
延々と叫び続けて
とうとう、母から朝一番のお散歩をゲットした。

あの様子ならすぐに帰って来ると思い
うーちゃんの定位置を整えたりして部屋で待っていた介護人。
…いつまでたっても帰って来る気配がない。
しびれを切らして迎えに行くと
「まだお外にいます」と主張するし(^^;)
仕方がないので、いい加減飽きていた母と交代してお供についた。

結局
お散歩、というかお外見が終了したのは
出発してから50分後。

…有り得ない。
ほぼ丸一日ご飯も食べられず、お水も飲めない爺さまが…
こんなの絶対に有り得ない、と思うのは介護人だけだろうか(^^;)


ねえ、うーちゃん。
お外にいればご機嫌さんでいられるのなら
ねーちゃんは、うーちゃんと一緒にお外に住みます。
ねーちゃんに出来る事があれば、何でもします。

だから…
だから早く元気になってください、おながいします。





かーちゃん、ナデナデありがと~。

070903.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。