上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.02 闘いは続く
うーちゃん、実は昨日
お水逆噴射ケーが続いて輸液通院をした。
その上、夕方になってから
一度は治っていたピーがまた始まってしまった。

それでもそこそこご飯は食べていたし
ご機嫌さんもまあまあだったのだけれど…
今朝7時前くらいにケー&ピーのW襲撃に遭ってから
ガッツリ元気がなくなってしまった。

取り敢えずはこれ以上お腹を冷やさないようにしておこう、と
御影石ボードも一時撤去。
念の為に、メゾン・ド・階段ラックの装備も撤収した。

うーちゃん
空になったメゾン・ド・階段ラックを覗いては
「あの~、何もなくなっちゃったんですケド
 ここはもう店じまいですか?」とばかりに
困ったようなお顔でじっと介護人を見つめる。

介護人は必死で
「あのね
 ぽんぽんが冷たくならないように、今日はカウチにいてくださいね。
 ぽんぽんが元気になったら、ちゃんとまたお部屋にしてあげますよ。
 ちょっとだけ我慢してくださいね、おながいします」と訴える。

仕方がなさそうにカウチに落ち着くうーちゃん…。



お座布団持って来てくれたから妥協してあげるです。
070902a.jpg



やはりかなり調子が良くない様子で
ご飯も完全にストライキだ。
けれど
これは、うーちゃんなりにお腹の調整をしていると判断し
無理にお勧めする事はしていない。
ただ、空腹による胃液ケーだけは阻止してあげたいので
6時間が過ぎないうちに、ほんの少し…10グラム程のご飯をお口にポイしている。


今日は介護人も何だかダルダルモードだったので
カウチにくっついて、うーちゃんとお昼寝三昧。
自分の手をうーちゃんのお腹にそっと置いて
温めているつもり、満々だ(^^;)

手のひらに、規則正しく上下するうーちゃんのお腹の感触。
温かくてふかふかなうーちゃんの感触。
大事な大事なうーちゃんが
今、この時を一緒に生きてくれているという感触。

これが幸せでなくて、何だと言うのだ。





ほへぇ~。
070902b.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。