上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その日によって色々な冷え冷えグッズがセットされるうーちゃんの定位置。
これでも一応、その日の気温や風向きを考えて
今日のグッズはどこに何を置くのが良いかしらん?と
頭を捻っているのだ。

本日。
まずはカウチに落ち着いたうーちゃん
ものの1分でむっくり起き上がって階段ラックにお引っ越し。
あ、今日は階段ラックな気分なのかな、と思っていたら
また1分くらいでカウチに逆戻り。

あらあらあら。
それから延々とお引っ越しを繰り返しているぞ。
…もしかして、今日のセッティングは失敗!?

ついに何往復目かの途中…
うーちゃんがトコトコと介護人のほうに向かって歩いて来た。
そしてまっすぐに介護人の顔を見て
「うなんっ!」

あ、怒られた(^^;)
これは絶対に「何とかしてください」だ。

慌てて今日は却下してあったアルミジェルマットを冷蔵庫から持って来て
バスタオルに包んで階段ラックに置いてみた。
すると「そーそー、コレです♪」とばかりにのしのしと乗り
それからは一度もお引っ越しはなかったのだった…。


それから約3時間後。
階段のてっぺんでうーちゃんがうなうな言っている。
そこから動く気配はないので
どうやら用事があるから、と呼びつけているらしい。

急いで階段を上がったら
うーちゃんはまっすぐ介護人を部屋に先導して行った。
何だろう?と思ったら、到着した先は階段ラックの定位置。
その前にちんまり座って、敷かれたタオルを覗き込んでいる。

こ・これは。
「マットがぬるくなっちゃったんですケド~」だったりして!?

またまた大慌てでストックのアルミジェルマットを取りに行くと
うーちゃんは階段ラック前でそのままじっと待っていた。
そして
介護人がマットを取り替えるやいなや…
「ふるるる~ん♪」と言って、また中に戻って行ったのである。


グッズが気に入らない、と文句を言われるのはもう慣れた。
けれど
「冷たくなくなっちゃったから取り替えてくださ~い」とは…。

爺猫うーちゃん
どこまでニンゲン化してくださるのやら(^^;)





これでご機嫌さんらしい。

070822.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。