上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝。
一階でうなうなと大騒ぎしていたうーちゃんの声が急に途切れた。
こんな時には妙にカンが働く介護人
もしかして?と思って急いで一階に降りると…。

やはりそうだった。
脱走だ(^^;)
勝手口に下げてあったヨシズ(もちろん裾に脱走防止の工夫付き)を
器用に上げて外に出ていった形跡があった。

慌てて玄関から勝手口のほうに回ってみたら
ちょうどうーちゃんとハチ合わせ。
しかも
うーちゃん本猫さまはちっとも悪びれた様子はなく
「あ、ねーちゃん、来てくれたの~?」という感じで
ぽてぽてぽて…と歩み寄って来る。

「げげっ、見つかっちゃった~!」という時には
介護人の姿を見るなり凄いスピードで逃げるのだから
今日のはそんなつもりではないらしいのだ。
そんなうーちゃんを見ていたら
「こらーっ、ひとりでお外はダメでしょ!」と怒る気も失せてしまった。

仕方がないので、そのまま注意深く見守る事に。
途中、気付いた母も外に出て、2人かかりのお見守り(^^;)
うーちゃんは相変わらずぽてぽて~、ひょろひょろ~と歩いて
お外の空気を楽しんでいる。
そして
お庭前で気持ち良さそうにシッコをすると
すっかり気が済んだように自分から玄関に入って行ったのだった。

一件落着。


ところで。
ヨシズを上げて出て行ったという事を母に伝えると
母は
「あらーっ、清少納言みたいねー」とのたもうた。

あ、そうか。
うーちゃんったら風流♪
……じゃーなーくーてー。

うーちゃんうーちゃん、おながいです。
ひとりでお外に行くのはやめてください。
「御簾を上げて見る」のは香炉峰の雪でございます。

只今は真夏、全くの季節違いでございますから(^^;)





7:04
ノーリードで気分良~くシッコ中…。

070820.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。