上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽんこハウス。

何故か隙間の多い犬小屋の
その隙間を内側からダンボールで全て塞ぎ
床には断熱材とクッションが入っている。
定位置は玄関脇の雨風が吹き込まない所。

安心感が出るかしらん?と
屋根から板を立てかけて入り口をブロックしてあった。

070717a.jpg



ぽんこハウス。
お天気の良い日には入口全開でおひさまぽかぽか。
よ~く見ると…
中にぽんこの頭が見える。

070717b.jpg



これは扉。
寒い時期に少しでも寒さから守りたくて
お猫さま用には大き過ぎる入り口をこれで塞いだ。

070717c.jpg



夕方になるとせっせとゆたんぽを入れに行った。
ホームセンターで売っている何の変哲もないゆたんぽだったけれど
それでも…
ぽんこは大喜びで上にちょこんと乗ってくれたっけ。


ちょびと違って、本当に箱入り娘だったぽんこ。
ほとんどの時間を庭かぽんこハウスで過ごして
どこかに出かけて行く事もない数年間だった。

小さな庭と小さなおうち。
そんな小さな世界で生きたぽんこ。
あたたかいお布団の中で
ニンゲンのぬくもりを感じながら眠る事もなかったぽんこ。


ねえ、ぽんこ。
貴女の一生には
どれくらいの「嬉しい」がありましたか?
どれくらいの「楽しい」がありましたか?

ねえ、ぽんこ。
ねーちゃんは貴女に
結局、何をしてあげられたというのでしょうね…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。