上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例によって細切れ睡眠中の事。
うーちゃんの
「うみょん♪」という甘えた声で目を覚ました。

「はいはいはいはいはいーっ、何でございましょうっ!?」

ガバッと起き上がって足もとのうーちゃんを見ると
上半身だけ起こして、ニコニコ顔で介護人を見上げている。
時計を見ると午前3時半だった。
…あ。
ご飯持って来てくださいなー、でございますね?
嬉しや嬉し(*^_^*)
はいはいはい、今すぐに~!

大慌てで器を捧げ持つ。
けれど
お鼻フンフン…のち、「これじゃナイほうのです」と
ご飯台のほうを振り向く。

ま・まさか。
カリカリでございますか!?
モーニング・カリカリを復活してくださるのですか?


うーちゃん
カリカリを食べなくなって、もうどれくらいたつだろう。
シーバや銀のスプーンでさえも全くダメになってしまっていたのだ。

それが何と!
ここ数日、イタリアご飯のカリカリを
1日10グラム前後食べてくれているのだ(T_T)
そこにきて、今朝のこの
「モーニング・カリカリにするです、お茶碗持ってくださいな」…。

調子が良かった時
いつでも催促してくれた明け方のモーニング・カリカリ。
もう、いつ以来なのか覚えてもいない…。

嬉しさと期待とで心臓バクバクになりながら
手もブルブル震えながら器を捧げ持つ。

…ハグハグハグ。
ハグハグハグハグハグ♪

嬉しそうにカリカリを食べるうーちゃん。
ひとつ…ふたつ…みっつ…。
嬉しくて嬉しくてエグエグしながら必死に数える介護人。
結局、29個も食べてくれた。
ありがとありがと、ありがと、うーちゃん(T_T)


嬉し過ぎて、鼻水ズル~。
捧げ持つ器に入らないようにするのが大変な
幸せでひっくり返りそうな今朝の介護人であった…。


『 お茶碗に 鼻水タラリ あら失礼っ 』  オソマツ(^^;)





15:07
草取り中のかーちゃんを警護しているですっ!

070713.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。