上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うーちゃんは
掃除機が怖くないお猫さまである。
どんなに近くまで行っても
我関せず、という感じで掃除機の存在を無視する。

それでも介護人は、一応
「うーちゃん、掃除機かけますからね。
 ちょっとウルサイですよ、ごめんなさいね」と
ちゃーんと、お断りを入れるのだ(^^;)

今日もいつものようにガーガーと始めたら
何故かうーちゃん、寝ていたカウチから不機嫌なお顔で降りてしまった。
…あらら、珍しい。

掃除機をかけ続けながら
どうするのかと見ていたら…
部屋の出口まで行って、廊下に向かって大きな声で怒っている(^^;)
ななな・何でしょう!?

そのまま出て行ってしまうのかと思いきや
10回ほど発声練習をした後
スタコラサッサとカウチに戻って来た。

そして
何事もなかったように、どっかりと座ってお毛繕い。






うーん。
一体何が気に障ったのだろう(^^;)

爺猫うーちゃん
まだまだ奥が深く、介護人にはわからない事が山盛りだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。