上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.26 ぽて。
眠かった…。
介護人、いつもにも増して眠かった。
どうにもこうにも、眠かった。
何とかお昼まで持ち堪え
ほとんど行き倒れ状態でうーちゃんと一緒にお昼寝に突入。

その後
うーちゃんがするりと腕枕を抜け出す気配がするまで
何の記憶もなかった。

お昼寝途中で抜け出す時は
ご飯を食べてくれる事が多いうーちゃん。
ここのところ、全くそういう事がなかったので
介護人、朦朧とした中で必死で聴覚を働かせた。

ぺちぺち…
ぺちぺちぺち…

あああ、
これは缶詰ご飯を食べてくれている音だ!
嬉しいよう嬉しいよう、
やっと少しは食べようというキモチになってくれたのか。

すぐにガバッと起きて確認したかったのだけれど
どうにもこうにも身体が動かない。
ぴょんとベッドに飛び乗って
毛布に戻ってきたうーちゃんに、なんとか
「おかえりなさい、ご飯ありがとね」と伝えた。

こんな状態でも
そういう言葉だけは出るのだなあ、と我ながら感心(^^;)

けれどその後
また、すぐにまた記憶喪失になり…
次の記憶は「ぽて。」という感触だった。

うーちゃんが、介護人の腕に頭を乗せた感触。
うーちゃんが、腕枕に戻ってまぁるくなった感触。

目も開かないし身体も動かなかったけれど
このかすかな感触がとてつもなく嬉しくて…
幸せで幸せで幸せで
どうしようかと思うくらい幸せで…
介護人、へろろ~っ、とナミダが出てしまった。


うーちゃん、ありがとう。
今ここに
ねーちゃんのそばにいてくれてありがとう。





何故か、いくら直してもこの状態になる今日のうーちゃん(^^;)
070426.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/826-3fec16bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。