上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドクターズダイエット
いわゆる「準処方食」というご飯だ。
1.5キロという大きなサイズなので
試したいとは思っていたけれど
いまいち踏み切れなかった、気になるご飯だった。


シニアライトタイプ、これで1グラム分。
左端は、大きさ比較のキドニーケア。

070425a.jpg


匂いは処方食ほどキツイものではなく
どちらかというとナチュラルフード系な感じだ。
硬さはちょうどキドニーケアくらいか
やや柔らかく感じるくらいで、お味も似ていると思う。
…と思ったら、キドニーと同じメーカーだった(^^;)

食べてくれるかなあ…。


実は…
これは、ただのご飯ではない。
ゆうたろうちゃんが食べるはずだった
kaoriさまのたくさんの想いが詰まったご飯なのだ(T_T)

いつもだったら
初めてのご飯をお勧めする時には
うーちゃんの顔色を窺いながら恐る恐る
「いかがでございましょうか…?」と差し出す。

けれど今回は
このいきさつをお知りになった介護人の心のお師匠さまが
ご自分ならこう言うぞ~、と教えてくださったので
それをそのまま引用させていただいた。

「おら、これはありがたいもんだから、せっせと食え!」


カッコ良く言い切ってみたはずなのに…
ああそれなのに…
無反応なうーちゃんを見て、思わずこう続けてしまった気弱な介護人。

「…でございますから
 ひとつでもふたつでも召し上がっていただけましたら
 ねーちゃんは大変嬉しいのでございまする~」

…ダメじゃん(^^;)


それでも一生懸命に
「ゆたろうお兄ちゃんのご飯なんですよ。
 お兄ちゃんも好きだったそうですよ。
 うーちゃんがモリモリ食べてくれたら
 お兄ちゃんだってきっと褒めてくれると思いますよ」と
器を捧げ持ち続けていたら…
うーちゃん、意を決したように口をつけてくれたのだ!

何回かに分けてトータル5グラム程だったけれど
今のうーちゃんにとってはじゅうぶん「うひょっ♪」な量だ。
背後で
ゆうたろうちゃんが応援してくれているような気がした。
ありがとう、ゆうたろうちゃん(T_T)


器を捧げ持ちながら
「偉いね偉いね、カリカリ食べられて偉いですね~」と
盛大に賛辞を送っていたら…
途中でこんなお顔で応えてくれたうーちゃんなのだった。





うむっ。
070425b.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/825-0f39454b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。