上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.18 大仕事
今日もまた、お耳の洗浄で大絶叫のうーちゃん。

終わった途端
スタコラサッサと階段を上がり
自分の安全地帯(…であるらしい)介護人の部屋まで逃亡する。

階段を上がる姿を見て
「おおお~
 ひと頃よりもずいぶん軽快さが戻って来たではないか♪」と
こっそり喜んでいる場合ではない。
早く追いついてフォローしなければ。

まずは
身体じゅうに飛び散った薬液を拭き取って…
更にタオルで乾かして。
それから
お耳の出口まで飛び出して来た真っ黒くろすけちゃんを
清浄面かティッシュでそーっと拭き取る。
おお、今日も大漁だ。

さて
ここからがひと仕事。

うーちゃんがご機嫌さんを取り戻すまで
ひたすらひたすらナデナデし続け
仲直りをしていただかなくてはならない。

「嫌がる事をしてごめんなさい」と
謝りたいのはやまやまだけれど…
こういう場合は謝るのは良くないと聞いた。
「謝られるような事をされたわけね!」と思ってしまうのだそうだ。

なので
ひたすら「ありがとう」を連発する。

「うーちゃん
 今日もおりこうさまにお掃除させてくれてありがとうね」

「嫌なのに我慢してくれてありがとうね
 きっときっと良くなるからね」

「さっすが、うーちゃん♪
 偉いね偉いね、カッコ良かったよ、ありがとうね」

なかなかご機嫌を直して貰えない時には
泣きが入る事もある(笑)

「うーちゃ~ん
 ねーちゃんの事、怒ってますか?
 ねーちゃんは
 うーちゃんに嫌われちゃったら、人生真っ暗ですぅ~」

「キライにならないで下さい~
 おながいですおながいです、おながいです~~~~!」


ご機嫌さん復活のサインであるゴロゴロが聞こえてくると
介護人は本当に嬉しくなる。
この頃になると
うーちゃんもお話に相槌を打ってくれる。

お鼻同志をくっつけて「コツン」
そして、仲直りの握手握手(*^_^*)
その後
うーちゃんの毛布をきちんと整えて、介護人退場。


そんなこんなで
お耳の洗浄だけで、毎日30分ほどの大仕事(^^;)
何をやっているんだか、とも思うけれど
この時間だって、介護人にとっては幸せな時間なのだ。

明日も明後日も
ちゃんと仲直りできますように(祈)





「かーちゃん、甘えさせろ~」のうーちゃん。
070418.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/816-e3367f3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。