上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は
ウォークインクローゼットの真ん中くらいまで進出して
せっせとガラクタ整理をしていた介護人。

とても暖かかったので
うーちゃんが毛布に潜れなくて「ひぇーん」となる心配もない。
お茶碗持ってくださいなー、の時には
ちゃんとお知らせしてくれるだろう。

…と安心して籠っていたら。
何度目かに出て来た時、
うーちゃん、寝ている姿はそのままなのに
ご飯だけがコッソリ減っていた(^^;)

あらあらー。
目が覚めてご飯な気分だったのに介護人の姿がないので
「…オイラひとりで食べるです…」と
トボトボと床に降り、またトボトボと定位置に戻ったのか。
な・なんて不憫な(T_T)
思わず泣きそうになる介護人。

あ。
普通のお猫さまは、みんなそうだ!
何をたわけた事を言っている!という
嵐のようなブーイングが聞こえてくるような気がするぞ。
いや
間違いなく聞こえているぞ…(^^;)


うーちゃんにしてみれば「放置プレイ」の2時間半程。
やはりちょっとおかんむりだったようで
夜になったらストーカーになってしまった。

実際のストーカーではなくて「目線ストーカー」。
介護人の姿をじーっと目で追っているので
振り向くたびに視線がバッチリ合ってしまう。

「何かご用ですか?」
「うるるる、うにゃーん!」

「ナデナデしますか?」
「ぶるるるるるー、ぶるぶるぶるー」

そばを離れると
またじーっと視線が追いかけてくる。

お風呂から出た介護人
ナデナデゴロゴロをエンドレスで繰り返していたら
腰まで届きそうなゾロッと長い髪なのに
ドライヤーの出番がなくなってしまった(^^;)

…暖かい日で良かった…。





甘え待ち。
070414.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/811-2655cfca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。