上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在、うーちゃんの運光さまタイムは
夜遅い時間、というサイクルになっている。

昨夜も
「応援係」の母と「お片づけ係」の介護人
二人が揃って見守るのを確認し
清々と立派なブツを出産してくださった。

さて。
毎日ではないのだけれど
うーちゃん、運光さまの後に
母に部屋に付き添って欲しい気分になる事があるらしい。

昨夜はまさにソレ。
定位置まで誘導し、うんにゃらうんにゃら甘えている。
ひとしきり甘えた後、お鼻をフンフンさせているので
ついでに母に「お茶碗係」もしてもらう事にした。

用意してあった3種類のご飯のうち
その1を母に手渡す。

うーちゃん
フンフンと匂いを嗅いで、プイッ。
それでもまだ「どーぞ」とやっていたら
しっぽを思いっきりバタン!と振り下ろされてしまった。

うっ…不愉快サインが出てしまった。
うーちゃんのしっぽ
てのひらサイズの割には、不愉快サインの時には良い音をたてる。
たとえそれが、毛布の上でも…。

仕方がないので、ご飯その2にチェンジ。
けれど、いくら母が「どーぞ」と言っても
フンフンどころか、背中を向けたまま振り向きもしない。
それでも頑張っていたら…
今度は、不愉快しっぽ連発!
バタンバタンバタン、バッタン!!

母、「ひどぉ~い」とショックを受けている(^^;)
うむ、介護人も同意見であるぞ。

最後の手段とその3にチェンジ。
すると…
ガバッと振り向いたうーちゃん
振り向いたままの姿勢で座り直しもせずに
ご飯その3に猛然とお顔を突っ込んだ。

こ…この態度の違いはナニ!?と
あまりの勢いに必死でお茶碗を捧げ持つ母も
それを撮影する介護人も苦笑い。

爺猫ーちゃん
主張するお猫さま、である。





ふがふがふがふがーっ!
070413.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/810-8eeb6f2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。