上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.16 お寝ぼけさま
新しいベッドをとても気に入ってくれた様子のうーちゃん。
もう、毛布の中から出て来ない出て来ない(^^;)

実は
昨日は、設置してからご飯も食べずにお籠りさまになってしまった。
なので
新しい家具独特の臭いがストレスになり
また、肝数値でもブッ飛んでいるのではないかと心配になってしまった。

何の事はない
ただ居心地が良かっただけだったらしく
午前3時半過ぎ、何事もなかったように起き出して
モグモグとご飯を食べてくれたのだけれど(^^;)


今日もまた
お籠りさまには変わりはないけれど
時々起きて「ご飯ー!」と合図をしてくれる。

夕方。
ネットで探し物をしながら
チラチラとうーちゃんの様子を窺っていたら。

スピー、ぶふふー、という寝息がストップし
毛布のお山がガサゴソと動いた。
これで毛布から頭がズボッと出たら、ご飯のタイミングだ。

ズボッ…出た!

出た…けれど…
いつもと反対側の
ベッドのエンドのほうに出てしまっている(^^;)

お顔を出せば視界に入るはずの介護人の姿はそこにはなく
見えるのは収納棚の扉だけ。
そんな状況にうーちゃん自身も唖然としたのか
そのままの姿勢で固まってしまっている。

うーちゃん…
そんなにお寝ぼけさまになるほど
気持ち良く寝ていたのですか(^^;)

笑いたいのを我慢して
「うーちゃん、こっちですよ~♪」と声をかけたら
うーちゃんは
「…う…うなぁ?」と振り向いた。

そして介護人の姿を見つけると
照れ隠しなのか、盛大にご飯の催促。
「うなーん、うななーん、うがうがうなぁーん!」

もう、おかしくておかしくて吹き出しそう。
けれど
こんなに一生懸命に「ご飯おながいしまーす」と言ってもらえるなら
「お寝ぼけさま」も大歓迎だな、と思った介護人なのであった。





そんな事バラさなくてもっ。
070316.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/781-e7b80494
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。