上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.08 ヒマちゃん
お散歩が終わって
玄関前でうーちゃんと一緒に
「ぽっかぽかですね~、春ですね~♪」とのんびりと和んでいたら…。

どこからか
「うんにゃーーーーー!」というお猫さまの声。
慌ててキョロキョロと見回すと
塀際から、長毛のお猫さまが挨拶してくれている。
ヒマラヤンさまだろうか、
濃いココア色のお顔で、立派な毛並みに鈴付きの首輪。
ごくごく、たま~に遊びに来てくれる仔だ。

せっかくなのでうーちゃんにもご挨拶を、と
抱いてそばまで歩いて行ったら
その仔はひょいっと移動してしまった。
なので
うーちゃんを抱いたまま
「おーいおーい、お友達になって下さいよう。
 うーちゃんというんですよう、
 もうすぐ二十歳になる爺様ですよう~」と後を付いて行った。

うーちゃんも介護人の腕の中で
「うみゃみゃー、うんみゃー」と言っている。
怒らないところを見ると、お友達になりたかったのかも(笑)

けれど
その仔はあっさりとうーちゃんを見捨てて
ズンズンと去って行ってしまった。
取り残されてバツの悪い、うーちゃん&介護人(^^;)


家に戻って、うーちゃんは広縁のハウスでおくつろぎ。
最近は
ハウスの入口をお庭のほうに向けて
お外見をしながらまったりするのがお気に入りだ。

うーちゃんが落ち着いたのを見届けて
介護人はそばのキッチンで仕事を始めた。

すると
いつの間にか、うーちゃんがダイニングの掃き出し窓に張り付いている。
熱心に外を見ているので
ダイニングの椅子を提供して差し上げると
更に伸び上がるようにして外を見る。
また誰かが遊びに来てくれたのかな?と思って
一緒に外を見てみるのだけれど、介護人には何も見えない。

けれどうーちゃんは
ダイニングと広縁と、果ては玄関までを行ったり来たり
ソワソワウロウロと落ち着かない。

不思議に思って
しばらーーく、一緒にお外見をしてみたら。
お庭をシャカシャカシャカ~ッと横切る「あの仔」が!
さっき、うーちゃんを見捨てて行ってしまったくせに
また戻って来ていたのか~!

うーちゃん
お鼻フンフンおひげピュンピュンで、もう大変。
気になって気になって仕方がない様子だ。
…もしかして
本当にお友達になりたかった!?
それとも
オイラの縄張りで何してるんじゃー!と
ガンを飛ばしていたのだろうか、一応(^^;)

「青い首輪」のその仔と、次に再会する時が楽しみだ。





ヒマちゃんが通った~~~~~!



Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/774-be5031eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。