上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝一番のお散歩要請は
うーちゃんの元気のバロメーター。
母が起き出す気配がすると
介護人をとっとと見捨てて(笑)嬉々として部屋を出て行く。

今朝は何故か気が向かなかったらしく
階下でガサゴソと音が聞こえてきても知らんぷり。

結果
朝一番のお散歩をゲットしそこなったうーちゃん。
本猫さまがお散歩な気分でないのなら仕方がない。
けれど
また調子が良くないのかと、介護人は心配モード。



それから約2時間後。
キッチンでゆたんぽ用のお湯を沸かしていた介護人の耳に
うーちゃんの大きな声が聞こえてきた。

「うにゃーーーーーーーーーーーーーーーーーん…」

な・な・なんだ、その気の抜けたような長~い声は!?
方向や声の大きさからすると
うーちゃんの所在地は階段の途中あたりらしい。

階段の途中ならすぐに下りて来ると思って
しばらくそのまま待ってみた。
けれど…
いつまで待っても姿を現さない。
しかも、「長~いひと声」の後は全く何も聞こえない。
文句たれ&絶叫がブームのうーちゃんなのに
一体どうしてしまったのだろう。

一旦火を止めてうーちゃんを探しに行ったら
うーちゃんは…
階段のちょうど中腹あたりで置物になっていた(^^;)
どうやら
あのひと声の後、そのまま固まっていたらしい。

あのう…うーちゃん、
それには何か意味があるのでしょうか…。


恐る恐る声をかけると
うーちゃんはフリーズを解除して、トコトコと階段を下りてきた。
そして
玄関に直行して介護人を振り返って訴えている。


070206a.jpg


あ、はい、
わかりました、お散歩でございますね!
すぐにお供つかまつりますですっ!


…ああ、良かった。
お散歩に行きたくない程調子が良くないわけではなかったのだな。
ただ単に
タイミングがずれてしまっただけなのだな。
ホッ…(^0^;)




はーやーくー!
070206b.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/741-0869185e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。