上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.28 幸福の…
いつものように一緒にお昼寝をしようと
うーちゃんの隣に潜り込む。

すぐにガサゴソと体勢を変え
頭を介護人の腕の上に持って来て
…早く言えば枕にして(笑)
「準備おっけ~ぃ」と言わんばかりのうーちゃん。

はい、
ありがとうございますありがとうございます、
今日もよろしくおながいします。
はぁ、幸せ。


ところが。
ものの30秒もたたないうちに
介護人、お腹が痛くなってきてしまった。

トイレに行きたいのはやまやまだけれど
腕の中には、すっかりお昼寝体勢のうーちゃん。
動かすなんて…動かすなんて出来ない(T_T)
うーんうーん、とひたすら我慢したけれど
お腹はどんどん痛くなるばかり。

とうとう我慢出来なくなったので
「うーちゃん。
 ねーちゃん、お腹が痛くなっちゃいました。
 ちょっとトイレに行って来ます。
 ごめんなさいね、心配いりませんからね、
 うーちゃんは、あったかくして寝ていてくださいね」
…と言い残してトイレに駆け込んだ。

戻ってみると。
うーちゃん、
半分身体を起こした不自然な姿勢のまま
介護人が帰って来るのを待っていてくれた(T_T)
トイレで
「痛いよーん、痛いよーん」と
泣きが入っていたのが聞こえていたのだろうか。

あわてて元の位置に潜り込み
「うーちゃん、心配かけてごめんね。
 もうだいじょーぶです、痛くなくなりました、
 待っててくれてありがとうね」と言うと
うーちゃんは
起こしていた身体をポテッと横にして
頭を、すっぽりと腕枕の中に収めたのだった。


たったこれだけの事だったのだけれど
何だかとてつもなく幸せで…
こんな幸せ者は世界にふたりといないのではないか、とまで思えてしまった。

次に目が覚めた時
介護人、体勢が変になっていたらしく、足腰がとっても痛かった。
けれど
腕の中からは「すぴー、ぷぴー」という
幸せそうなうーちゃんのイビキが聞こえる。

我慢だ。
今度こそ、うーちゃんの邪魔をしてはいけない。
我慢、我慢、何が何でも我慢だーーーーーっ!

かくして
へっぴり腰介護人の出来上がり。
…名誉の負傷?
いやいや、「幸福の負傷」と呼んで欲しい。




だいじょぶ?
070128.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/732-733e0d2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。