上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うーちゃんを毛布の中にご案内する為に
夜中に何度も何度も起きるのは、もう慣れっこ。

昨夜も、何度目かの「うにゃーん」が聞こえたので
いつものようにさっと起き上がった。
あれ?でも…
いつもと声の様子が違ったような気がするぞ。

心配になって、
とっとと毛布に潜り込んだうーちゃんの様子を窺う。
すると…
いきなり、運光さまのにほひが~~~~~~!

大変だ。
こういう時は
やわらか運光さまで、お尻が汚れている場合が多い。
またピー様になってしまったのかと慌ててお尻を確認すると
どうやら、お尻はなんともない様子だ。

ならば、このにほひはドコから…?

電気をつけて再確認すると
あ・あらららら。
左足にかなりの運光さまを同伴していらっしゃる。
ブツの様子から推察するに
「ついうっかり踏んづけてしまった」という感じだ。

本猫さまも「かっこわる~」と思っているのか
すぐに足を引っ込めてしまって良く見せてくれない。
なので
そーっと横になっていただき、背中に毛布を掛け直して
頭をナデナデしながらお話してみた。

「うーちゃん。
 運光さま踏んじゃったんですね、大変でしたね。
 だいじょーぶですよ、すぐに綺麗にしてあげますから。
 何も心配しなくて良いですよ。
 それよりも、ねーちゃんは
 うーちゃんがケーもなく運光さまをしてくれて嬉しいですよ」

「ふるる…」

踏んづけ運光さま(笑)の場合
やわらか様のほうが、綺麗にするのは楽だ。
普通の固さだと、しっかりくっついてしまってなかなか大変。
すっかり綺麗になるまで、ずいぶん時間がかかってしまった。
けれど
その間じゅう、うーちゃんはゴロゴロと言いっぱなしで
ご機嫌さんでいてくれた。


「はい、おしまいです、
 全部キレイキレイになりましたよ~」という合図と共に
おもむろにどっこいしょと座り直したうーちゃん。
汚れが、やっと自分の許容範囲(笑)になったと思ったのか
ペロペロとお毛繕いを始めた。

…えーっと…
介護人的には完璧だと思ったのだけれど…(^^;)


その後、トイレを掃除に行くと
思った通りに、踏んづけ運光さまがどどーん!
そして
トイレから部屋まで、うーちゃんの左足の幅で運光さまが点在。
あまりに規則正しい落とし物に
掃除をしながら思わず笑ってしまった。

家じゅうにウンがついて
もちろん介護人にもウンがついて…
幸先の良い2007年のスタートになったのであった。




ウンをつけてくれたお猫さま、広縁のハウスで爆睡中。
070105.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/709-446d859e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。