上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.26 監督さま
居間のコタツで夕飯を食べながら
「そろそろかなー」と入口の扉に目をやる。

「うにゃーーーーーっ!」

あ、来た(^^;)
やっぱり来た。

どういう訳か
ここのところ毎日、介護人がご飯を食べ始めると
わざわざ二階から下りて来るうーちゃんなのだ。


何をするのかと言うと。

ひとしきり騒いだ後
介護人の膝に割り込んできて、どっかりと座る。
別に、何かをおねだりするわけでも何でもなく
ただ大人しく座っている。

食事中なので
テーブルが遠くなって不自由な事この上ないのだけれど
満足そうに座っているうーちゃんをどかすなんて
…そんな事、とても出来ない。

みんながいる所にいたいのか、とも思ったのだけれど
介護人が食事を終えると
うーちゃん、3秒後には膝を退去する。
そして
まっすぐに居間の出口の扉に向かい
介護人のほうを振り返るのだ。

…それって…
食べ終わったならお二階に行きましょ、という事!?

大急ぎで食器を片付けて後を追うと
待ちかねたように階段下へと急ぎ
これまた
振り返り振り返り、介護人を先導して上がって行く。

…やっぱり…
お二階に行きましょ、という事のようだ(^^;)


うーちゃんは一体
何をしに居間に下りて来てくれるのだろう。
もしかして…
介護人がちゃんとご飯を食べるかどうか、監督してくれている!?

実は、介護人本人は食べる事に全く執着がないのだ。
うーちゃんには、毎日毎日
「ご飯おながいしますね、いっぱい食べてくださいね」と言っているくせに。
あまりにいいかげんなので
とうとう「教育的指導」が入ってしまったのだろうか
事もあろうに、うーちゃんから(^^;)



そう思って膝の上のうーちゃんを見ると
時々介護人を見上げるその瞳が、語っているような気がしてきた。

「ねーちゃん。
 ご飯いっぱい食べるですよ。
 食べたら、食べた分だけ、きっと元気になれますよ。
 いっぱいいっぱい食べて
 元気でご機嫌さんで、ずうっとそばにいてくださいね。
 …って
 いつも、ねーちゃんもオイラに言ってるじゃん」


…ありがとありがと、ありがと、うーちゃん(T_T)
うーちゃんの監督のおかげで
今日もねーちゃんは、美味しくご飯をいただけました。

いっぱい食べて
元気でご機嫌さんで、うーちゃんのそばにいますから。




オイラも頑張って食べるですから。
061226.jpg

う…
うさこがご飯台になってるぅ~~~~(^^;)

Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/699-fbf74745
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。