上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.15 小さな楽しみ
この時期のお昼ご飯の定番
鍋焼きうどんがコンロの上でグツグツグツ。

…そろそろかな。
そろそろ、「あれ」がやって来る頃かな。
今日はゆっくりだな。


「うみゃーーーーーーおん!」

キターッ(笑)
部屋まで呼びに行かないとダイニングにやって来ない
我が家のしょーもないニンゲンどもと違って
うーちゃんの何とおりこう様な事…。

実はうーちゃん
お餅の他におうどんも大好き。
お昼ごはんがおうどんの時には
必ずダイニングまでやって来るのだ。
しかも、
煮上がった頃に、ジャストタイミングで登場する。
もちろん、おうどんの時限定で
他のメニューの時には定位置から出てくる事はない。

「おうどんなんでしょ、うにゃうにゃー」と、ひとしきり騒いだ後は
お約束の(笑)介護人の椅子の右半分に陣取って
今か今かと、文字通り首を長くして待っている。

うーちゃんが食べられるのは
介護人に出来るだけの味付けを吸い取られた(笑)後の
3センチ程を何回かのみ。
それでも
厳密に食事制限をしている方から見たら
ブッ飛ばしたくなるような光景だろう。

けれど
大喜びで、おメメを輝かせながら待っているうーちゃんに
「これはダメです」なんて
こんな小さな楽しみまで奪ってしまうような事なんて…
介護人にはとても言えないのだ(T_T)

「うーちゃん
 おいしいね、おいしいね。
 生きてるって、オイシイねぇ」

「うるー♪」

トータルでニンゲンの1本分くらいを食べ
今日の「オイシイ」は店じまい。


お昼ご飯の後
いつものように介護人の腕をどっかりと枕にしたうーちゃん。
そのお顔が、なんとなく幸せそうに見えて
介護人もとっても幸せなキモチになったのであった。




真剣におねだりし過ぎてお顔が三角の巻。
061215.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/686-71a34270
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。