上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.08 高値更新
今日の運光さまは
やわらかめではあったけれど赤くはなかった。
踏ん張りケーのオマケはついたものの
取り敢えずはホッとする…。
それでも、抗生剤をストップして
1週間以上も運光さまが安定しないのはイヤ~な気分だ。

更に
一昨日から、何故か、多飲でもないのに多尿になってしまい
お毛並みもぽそぽそしてきてしまった事もあって
今日は午後一番で通院と決めていた。
もちろん、お耳も診ていただきたいし。


そんな通院前の午前中。
さずがに身体が乾いたのか
うーちゃん、一生懸命にお水を飲んでいる。
この間、飲み過ぎてお水ケーになってしまった事を思い出し
「もうそのくらいでおやすみしましょうね」と
器から引き離しても、頑として聞いてくれない。

結果…
ベッドの上の定位置で突出お水ケー(T_T)
水鉄砲状態なので、被害は甚大。
被害毛布2名・被害ベッドカバー1名
そして、被害うしこ1名(笑)

本猫さまが
あまり時間をおかないで落ち着いてくれたのが救いだけれど
これは…腎臓の数値も覚悟しなくてはならないかも。



そんなこんなで通院、
お耳は、前回より中が乾いてきたそうだ。
そして血便は、今日検査した限りでは
運光さまの中に血は見えないと。
一時的に腸壁を傷つけてしまったのかもしれないそうだ。
続かないかどうか、様子見。

そして、血液検査。
覚悟はしていたけれど、CRE2.5、BUN46.3。
どちらも最高記録を塗り替えてしまった。
TPも8.0とブッ飛んでいたので、脱水確定。

お水を吐いてしまって
水分が上手に摂取できていなそうなので
輸液をする事になり、ソルラクト250ミリを入れていただいた。
見事なライオン丸の出来上がり…。


数値が上下するのは仕方のない事だ。
上下どころか、上がり続ける事だって覚悟している。
その時はその時。
介護人は介護人の出来る精一杯で
うーちゃんのご機嫌さんを守り抜くだけの事だ。

抗生剤での下痢が腎臓悪化の引き金になったのか
それとも、先月初めからの食欲不振は数値悪化のせいだったのか。
そんな事は、今はどうでも良い。
今はただ…
この1日を、1時間を、1分を
うーちゃんがご機嫌さんで過ごせるように心を砕くだけだ。


そんな事を思いながら帰宅し
うーちゃんをそっと定位置におろして毛布を掛けると…
そのまままぁるくなるかと思ったうーちゃん
ズボッ!と毛布を蹴破って飛び出して来た。

そして
タプタプの背中と肩とおテテでのしのしと歩き
お部屋を出て行ってしまった…。
と、思いきや。
向かった先は、お部屋の出口ではなくてご飯台(^^;)
フガフガフガッと鼻息も荒く
ものすごい勢いで器にお顔を突っ込んでいる。

介護人思わず失笑、肩のちからがフニャッと抜けた。
ああ、そうだ
こんなへっぽこが思っているより遥かに逞しいのだな、
我が愛する爺猫さまは。

「オイラの事、甘く見ないでくれる?」
そんなうーちゃんの声が聞こえたようだった。




タプタプもそれなりにカワイイとおもふ…。
061208.jpg


うーちゃんが
「輸液の時、痛かったのかフーッと怒った」事と
「帰るなりご飯を食べた」事を母に教えたら…


『腹がたったら、腹減ったー!』 と言い放った。

………脱力…。

Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/680-7dca6771
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。