上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大馬鹿たれの介護人
ブラッシング用品などもずら~っ!と揃えていると思われるであろうが
…さにあらず。

なんとまぁ
我が家のブラシは「蚤取り櫛」。

これで強めにガシガシ梳くのがうーちゃんのお気に入りなので
蚤取り櫛さんは、本来の使用目的からすっかりはずれて
ひたすらブラッシンク用に使われている。

櫛を見せて
「はい、毛を梳いてあげるよ」と言うと
うーちゃんは、どこで何をしていても、そそくさとやってきて介護人の前でゴローンする。

そして、
「ここがカユイ。今度はこっち。そこが終わったら次はこっち。」と
延々とリクエストが続くのである。
そう、「おしまい!」の合図をうーちゃんが出してくれるまで…。

櫛を持った介護人の手を「ぱく」とくわえるのが「おしまい」の合図。
どういう器用なワザなのか
全然、少しも、これっぽっちも痛くない。

昨夜はどうやら、ブラッシング大歓迎モードだったらしく
いくら頑張っても「おしまい」の合図をもらえない。
うーん、手が痛くなってきた。
それに、飽きてきた…お猫様ではなくてニンゲンが飽きるとは。
カメラでも持ってきてみよう。
…片手では難しい…。

山のような抜け毛と共にようやく合図をもらえたのは
ブラッシング開始後、25分のことであった。


ねこ、夢中。
DSCF0301.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/66-4bd1045c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。