上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うーちゃんのトイレを洗う時
介護人が使っているモノは…
なんと、食器洗い用の台所洗剤。

食器を洗っても安全なのだから
トイレに入って、そのおテテをペロペロ舐めるうーちゃんにも
普通の洗剤よりは安全かな、と単純に思ったからだ。

今お気に入りなのは
「除菌も出来るジョ○」のシリーズだ(笑)


けれど
介護人、またまたちょっと考えた。
…というのは…。

介護人、うーちゃんのトイレを外水道で豪快に洗うので
洗い終わったあとには芝生や通路に
これまた豪快な水たまりが出来る。


061104a.jpg



当たり前の事だけれど
しばらく放っておけば乾いて、あとかたも無くなってしまう。
けれど…。
果たして、流れ出た洗剤の成分は
そんなに簡単に消えて無くなるのだろうか。

うーちゃんは
このあたりだって、テコテコとお散歩をする。
成分が残っていたら
うーちゃんの大事なおテテにくっついてしまうではないか!

気にし出すと気になって気になって
どうしたものかと思っていた。
…お風呂場で洗ったほうが良いかなぁ…。


そこに突然
母が「重曹」を買ってきた。
介護人はちっとも知らなかったのだけれど
重曹はちょっとしたブームなのだそうだ。

重曹というと
「ベーキングパウダーの親戚?」くらいの知識しかなかった介護人
母の「お掃除や洗濯も出来るんだよ」という言葉に
半信半疑でお勉強の旅に出てみた。

すると…あらあらあらあら!
なんと万能選手な重曹さん。
中でも、一番目をひいたのは
「万が一、すすぎ残しなどがあっても問題がないくらい安全なので
 赤ちゃんの哺乳瓶などを洗うのにも良い」という記述。

そうか…
もともと、食用だものなあ。

よーし
今日はこの重曹をちょっと分けて貰おう。
水洗いしておいたトイレを
重曹をつけたスポンジでシャカシャカシャカ。
泡がたたないので
洗っているという実感がわかないのだけれど
すすいだ後がすっきりさわやか、キュッキュッ♪といっている。
ニオイも完全に取れている。

…スグレモノかも、これ!

嬉しくなった介護人
更にお勉強の旅を続けてみると…
お猫さまのドライシャンプーの代わりにもなるし
トイレの脱臭剤や防湿剤の代わりにもなるし
もちろん、食器洗い用の洗剤の代わりにもなるし。
ニンゲン用にも
ずいぶん色々な用途があるという事がわかった。

愛用品になりそうな予感(*^_^*)





枯葉の上で考えるお猫さま。
061104b.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/643-f53b99e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。