上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今夜は部屋に風が通らないので
ちょっとだけ玄関でお外見しましょうか、と
うーちゃんをお誘いしてみた。

大喜びのうーちゃんは
玄関先でじーっと座り込み
しきりにお鼻をフンフンしている。

…良かったね、うーちゃん
ご機嫌さんですね。


ちょっとどころか
そのまま30分近くが経過。
そのうち、うーちゃん
その場にごろろんと横になろうとしてしまった。

大変。
そこはあまりキレイではありません、やめてくださ~い!
…無駄。

玄関先から中に向かって
「ちょっと~、何か敷くモノ持ってきて~!
 うーちゃんがごろろーんになっちゃったよう!」と叫ぶと
母が広告を持ってのそのそとやって来た。

はあ、ありがたい。
しかし!
何だこの広告のサイズは。
こんな小さいのでは、はみ出してしまう。
母よ、
アナタは一体何年うーちゃんとお付き合いしているのだ。


しばしのごろろ~んの後
うーちゃん、おもむろにお見回りに出発。
また蚊に刺される~と半泣きの介護人…
けれど、うーちゃんが行くのなら断固お供をするのだっ。

向かった先は
虫が大合唱している花壇。
何を思ったか…
そこでじーっと虫の声に耳を傾けている。

その風流な姿に
介護人も思わず空を見上げると
そこにはくっきりと綺麗なお月様。
星もたくさんまたたいて
その間には飛行機のライトがたくさんチカチカしている。

あらまあ、綺麗。

うーちゃんありがとう。
虫の声をバックに星空を見上げるなんて、久し振りかも。


ちょこっと風流な気分を味わって
なんだか嬉しい
頑張る爺猫とへっぽこ介護人なのであった。




満足満足。
060903.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/577-fb623333
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。