上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.26 縄張り死守?
陽もとっぷりと暮れてから
突然お散歩に行きたくなってしまったうーちゃん。

玄関の扉の真ん前に陣取って
一刻も待てない!と主張する。
こうなると、もう
全ての事を放り投げてお供をするしかない。

う・うーちゃん。
せめて虫除けだけシュー!させてください…
は?ダメですか。
かしこまりました、今すぐに。とほほ…。

玄関を出てしばらくは
その場でじーっと風に吹かれていたので
この隙に虫除けスプレーを取って来よう!と企んでみた。
けれど、その瞬間
うーちゃんはお庭に向かって勢い良く歩き出してしまった。

いきなりのスピードだったので
どうしたのかと思ってうーちゃんの視線の先を見ると…
あら!
カワイコちゃんが、ちょびのお墓の前で
のーんびりと寝そべってくつろいでいる。

あの仔は…
そうだ!
まだ寒い頃、何回か遊びに来てくれた
ぽんこをフサフサにしたような可愛い仔猫。
あの仔猫の成長した姿ではないか!

ああ嬉しい、また来てくれたんだ。
大きくなって…
それにますます可愛くなって…。

大喜びしている介護人をよそに
至近距離まで来たうーちゃん
いきなり
「うおぉぉぉぉーーーーーーっ!」と唸り声(T_T)

カワイコちゃん
びっくりしてピューッと逃げ出してしまった。
そして
ウーウー唸るうーちゃんから隠れて
自分の首輪に付いている鈴の音よりも小さな声で
「みにゃ…みにゃん…」と鳴いている。

戻って来てもらおうと必死に呼びかけたけれど
カワイコちゃんは…
そのまま徐々に遠ざかって去って行ってしまった(T_T)

うーちゃん…。
うーちゃんは
どうしてそんなに自分以外のお猫様がお嫌いなのでしょう…。

カワイコちゃん
また遊びに来てね、ぐすんぐすん。


こんな事があったせいか
ヤル気満々になってしまったうーちゃんは
その後、延々と外で頑張り…
介護人がお供から解放されたのは1時間も経ってからだった。

…ヤブ蚊のお食事痕?
数える気力もない(T_T)




痒くて七転八倒している介護人のそばで
満足してまったりするお猫様。くぅぅ~。
060826.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/568-4805b5c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。