上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一日に何度となく
階段ラックのてっぺんで気持ち良さそうにお外見をするうーちゃん。

それは夜中でも相変わらずで
介護人の耳には
「ドテッ、ドテテッ」と
階段を上り下りする音が聞こえてくる(^^;)

最近うーちゃんには
新しい趣味が出来たらしい。
それは
お外見をしていて「あっ、朝かも!」と思うと
てっぺんから介護人を見下ろし
「ぶみゃんぶみゃん?」と呼びかける事だ。

この声が何とも言えない不思議な声で
必ず、2回セットで疑問形。
しかも、とーっても小さな優しい声なのだ。

その声で目を開けると
階段ラックから思いっきり身を乗り出して
ちょうど真下にあたる介護人の顔を
一生懸命に覗き込んでいるうーちゃんと目が合う。

あまりに前のめりになっているので
そのままドスンと落ちて来られそうでかなり怖い(^^;)

ちゃんと
「うーちゃん、朝ですか?おはようさま~」と返事をすると
くるりと踵を返して下りて来るので
どうやら、朝になりそうなのを教えてくれているらしい。

今のところは
何とか顔面直撃は免れているけれど…
いつまでも寝ぼけて返事をしなかったらどうなるのだろう(^^;)

何せ
うーちゃんが教えてくれる「朝」は
ほぼ、午前4時少し前なのだ…。


ドテドテと階段を下りると
うーちゃんは介護人の枕元にやってくる。
そして、きちんとお座りをして
「お茶碗持ってちょーだいな」の待機体勢…。

ベッドから這い出し、そのまま匍匐前進で器まで辿り着く介護人。
うーちゃんの元に帰還するまでに
何回も遭難しそうになる…眠くて…(T_T)

「寝るなぁ~、寝たら死ぬぞ~」(←おいおい…)

それでも
ほんの少しでも食べてもらえれば、介護人は幸せいっぱい。

「ごちそうさま。
 じゃっオイラ、かーちゃんが起きるまで、また寝るから」

あ、はいはい、おやすみなさいませ。
…って、寝るんかいっ?


うーちゃん…
この新しい趣味には一体どんな深い意味が(T_T)





いえ、単に趣味ですからイミはありません。
060821.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/563-5cd954c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。