上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ嬉しい。
今日はうーちゃんが
自力ご飯を黙々と食べてくれる。

朝から夕方までに缶詰45グラム
それからカリカリを4グラム。

現在、階段ラックの一階には暖簾をかけてあるのだけれど
そこから出きらない状態で
何度となく自ら器にお顔を突っ込んで食べてくれる。





普通に考えればたいした量ではないのかもしれないけれど
これは介護人にとっては本当に嬉しいこと…。


この様子に安心した介護人は
急に夏休みが取れてしまった~、という親友Sと共に
納涼飲み会に繰り出すことにした。

「うーちゃん
 ねーちゃんはちょっとだけ、遊びに行かさせて頂きます。
 元気でお留守番おながいしますね」

「るー。」


途中から
仕事を終えた,やはり親友のAくん(女性・笑)も駆けつけてくれ
それはそれは楽しいひと時。
気が付けば5時間が経ってしまっていた。

家に戻り
豆電だけにしてあった薄暗い部屋を覗くと…
すぐに
「にゃぉん!にゃぉん!にゃぉぉーん!」といううーちゃんの声。
介護人は荷物を全部放り投げて
うーちゃんの元へ突進。

「うーちゃん、ただいま~。
 おかげさまで、とってもとっても楽しかったです。
 お留守番ありがとね~」

パフパフと抱きつく介護人に
盛大なゴロゴロと共に
うんにゃらうんにゃらとお返事し続けてくれるうーちゃん…。

し・幸せだ…
幸せ過ぎてひっくり返りそうだ…。


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/560-f15a0823
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。