上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の定刻・午前5時50分。
何故かきっちり、5時50分。

うーちゃんは
トコトコと介護人の部屋を出て
母の部屋の前で合図する。

「かーちゃん、おはよー。
 いつもの時間なのでお散歩おながいしまーす」

ガサゴソと母が起きだす音
そしてカチャカチャとハーネスを着ける音。
カラリと玄関が開く音を聞き
介護人は
「ああ
 今日もうーちゃん、お散歩に行く元気があるのね」と
いちにちが幸せに始まるのである。

お散歩を終えたうーちゃんは
最近は、介護人が起き出すまで
母の部屋でまったりとしている事が多い。

今日も、身支度をしたあとすぐに
うーちゃんの様子を見に行くと…
なにやら、うにゃうにゃ言いながらそこから出てきた。

いつもと違う様子に
どうしたのかとハテナになっていると
何とうーちゃん
介護人を玄関に先導する。
お散歩に行く気満々らしいのだ。

だって…
ほんの1時間前にも行ったはず…
ま・まさか
もう忘れちゃったの?

そんな介護人のつぶやきなど聞く耳を持たず
もうすっかり
「はい、ハーネスは?」とスタンバイ状態。

あわててお供つかまつったけれど
虫よけも何もしないで出てしまった。
人一倍どころか
人百万倍くらい蚊に好かれる介護人
当然の事ながら、あっという間にボコボコ。


けれど
うーちゃんの、この気持ち良さそうなお顔…

060806a.jpg


ボコボコだとか、痒いとか
そんな些細な事で邪魔なんかしてはいけない…。
ああでも
出来る事なら、早めに切り上げていただきたい(T_T)

そんな時に限ってご機嫌さんなうーちゃんは
ダイニングの掃き出し窓から中を覗いたりして
ますます、帰る気ゼロになっていく…。

060806b.jpg


ようやく家に戻ってくれた時には
介護人の手足は
それはそれは悲惨な状態になっていたのだった。



そして夜。
朝のお散歩の後、全く起き出さなかったうーちゃんを
抱っこしてトイレにお誘いした帰り。

またしても、いきなり玄関にスタンバイ。
は?
行くのですか?
今、行くのですか?

すでにパジャマだった介護人
さすがに困ったので
玄関を開け放して、そこでお外見をしていただく事にした。

当然の事ながら
蚊がブンブンと飛んでくる…。
それでもやはり
気持ち良さそうにお外見しているうーちゃんに
苦情なんて言えるはずがない。

どっかり座ってくつろぎ始めてしまったうーちゃん
そして
これでもかという程、蚊に食料を提供する介護人。

060806c.jpg




うーちゃんは知らない。
何かの問題で
ただの虫刺されでも、いちいち酷く化膿して
あげくに何年も消えない傷痕になる介護人の体質を。

…それでも良いのだ
うーちゃんがご機嫌さんなら。
そう、うーちゃんがご機嫌さんなら…。


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/548-95d74258
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。