上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はもう、すっかり落ち着いて
「うあぁぁぁ~ん」は一度もなし。
階段を何度もドタドタと上り下りした為の筋肉痛のみが
名残りとして介護人の太ももに残った(^^;)


せっせと書き物をしていた本日夕方。
階段ラックにご機嫌さんでお籠りしていたうーちゃんが
のっそりと出てきた。

そのまままっすぐ歩けば、ご飯台方面に到着。
お水でも飲みに行ってくれるのかな、と見ていたら
うーちゃん、直角に曲がって
介護人の顔をひたと見据えてまっすぐにこちらに歩いて来た。
しかも
「にゃーん、にゃーん、にゃーん!」という
滅多に聞けないような可愛らしい声で鳴きながら。

う・うっひゃー。
何?何?何でございましょう?

「うーちゃん、どうしましたか?
 ここにご飯持ってきて差し上げますか?」

「にゃーん!」

その場で待機するお猫様、
そして
短い距離ながら
全力疾走で器を取りにご飯台に突進する介護人…。


ほんの10グラムくらいしか食べられなかったけれど
自分から「ご飯~」と言ってくれた事がとても嬉しかった。
そして
ご飯が食べたくなった時に
最寄りのご飯台ではなくて
まっすぐに介護人の元へ来てくれた事が…
なんだかとてつもなく嬉しかった。

顔面総雪崩状態で器を捧げ持つ
介護人のお馬鹿ヅラをご想像あれ…(^^;)





全然関係ないけれど…
「スクープ!これがうーちゃんのトイレだっ!!」
060804.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/546-6065dd20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。