上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.25 鶏さん激ラブ
前々からのお約束通り
昨夜は、大好きな鶏さんを「これでもか!」と言うほど
器にてんこ盛りにさせていただいた。

「水郷どり」特上の焼き鳥。
それを白焼きにしてもらって
食べやすいように細かく裂いた。

ニンゲンは「並」の焼き鳥で
うーちゃんのは「特上」。
うーちゃんの記念日に
ニンゲンが便乗させていただいたのだから、極めて正しい。

うーちゃんは
それはそれは大喜びで
ひと晩かけて、丸2串分をぺろりと平らげた。

今朝のお顔が
ほんのり幸せそうに見えたのは
介護人の気のせいではないかもしれない。


午後。

うーちゃんに缶詰ご飯をお勧めしようと
冷蔵庫の中を覗いた介護人
何気なく、ポチッと残っていた「並」の焼き鳥をつまみ食いした。

で、そのままうーちゃんの元へ戻ると…
介護人が部屋に入った瞬間
うーちゃん、お鼻フンフンの凄い反応。

あら嬉しい
缶詰ご飯を食べてくれるの?と思い
大喜びで捧げ持つと…

「フンフンフン、これ違~う…」だそうな。

どうやら
うーちゃんは、介護人がつまみ食いしてきた
焼き鳥に反応していたらしいのだ。

「ごめんね、これはもうないの
 うーちゃんの鶏さんは、昨日でおしまいさんなの」

そう言っても納得せずに
じりじりと介護人の顔に近づいてくる。
後ずさっても後ずさっても
介護人から視線を外さずに、ひたすら近づいてくる。

あまりにも真剣なお顔なので
思わずカメラを構えてみたのだけれど
それすら無視して頑張っている。


オイラの鶏さん、ないの~?
060725.jpg


平身低頭で謝り続ける介護人
そして、頑張るうーちゃん。

ようやく諦めて
トボトボと階段ラックの1階へ戻って行くうーちゃんの
寂しそうな背中を見ていたら
なんだか、とてつもない罪悪感が…(T_T)


うーちゃん。
どんなに食欲がなくても
あの鶏さんだけは「オイシイ」さんなんだね。

記念日を特別なご馳走でお祝いする、
それは本当に嬉しい事だけれど…
それだけではなくて
これからはもっと、買ってきてあげようね。

うーちゃんの「オイシイ」「嬉しい」は
ねーちゃんにだって
本当に嬉しい事なんだもの。



Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/534-1cf2dc17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。