上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かごベッドがお気に入り仕様になって
ご機嫌さんなうーちゃん。

嬉しい事に
さらに「カウチに置いたソフトクールマット」の上も
お気に入りに登録していただけたようだ。

もちろん
カウチは日の当たらない場所に移動した。
部屋の中途半端な真ん中に
どかん!とカウチがあるという変な配置になってしまったけれど
そんな事は
うーちゃんのご機嫌さんに比べたら些細な事だ。


さて。
お気に入りが増えたのはとても嬉しい事なのだけれど…。
カウチの上のうーちゃんを見つめて
介護人ちょっと複雑なキモチ。

…いや…その…
夜…
離れて眠るのが寂しいのだ(^^;)

かごベッドは
介護人のベッドにぴったりとくっつけてある。
けれど、カウチは1.5メートル程離れたところ。

介護人、
手を伸ばして届く範囲
もしくは眼鏡なしでも見える範囲(爆)に
うーちゃんが一緒に寝ていてくれないと涙が出てしまいそうなのだ。

昨夜
さてそろそろ寝るか、と思った時も
うーちゃんはカウチの上だった。

…ぐすん。

悲しかったので
カウチの前に正座して陳情してみた。

「うーちゃん
 ねーちゃんはうーちゃんがそばにいてくれないと
 寂しくて寝られそーにありません。
 おかごさんの中で
 一緒におやすみなさいしていただけませんか、おながいします~」

「ねー、おながいしますったら、おながいします~」

すると…
ぱちんと目を開けたうーちゃん
面倒くさそうではあったけれど
むっくり起き上がって、かごベッドへトコトコトコ。
介護人、感動ぉぉぉぉぉぉ~(T_T)


うう…うーちゃん。
うーちゃんありがとう(T_T)
たった1.5メートルで我儘を言ってごめんなさい。
でも、寂しいんだもの~。
ご面倒をおかけしますです…。




はいはい…。
060705.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/513-999185d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。