上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.25 鈴の音
とにかく眠くて…
眠くて眠くて眠くて
お昼ご飯を食べた途端、コテンと寝てしまった介護人。

何度か目を覚ましてうーちゃんの姿を確認し
またぐうぐうと寝続けて
本格的に目が覚めてみたら、何と3時になっていた。

介護人が爆睡している間に
うーちゃんはご飯を食べてくれたらしい。
器の中身が少し減っていた。

普段はうーちゃんがご飯を食べる音には敏感で
真夜中でも目を覚ますのに
今日はいったい、どうしたことか(^^;)

うーちゃんも
いつも、ご飯を食べてくると待っている
「うーちゃん、ご飯ありがとね。
 いっぱい食べられて偉かったね、
 うーちゃん、かっこい~い!おっとこまえ~!」という
賞賛の声が聞こえなかったのは…さぞかし不満であっただろう。


介護人が起き出すと
まもなくうーちゃんも目を覚ましたので
いつものようにブラッシングを始めた。

そろそろ手がだるだるになってきた頃。
机の縁からぶら下げてあった鈴が、突然チリリ~ン!

介護人&うーちゃんは
机からかなり離れたベッドの上。
窓は少し開けていたけれど、風は全くない。


…ト・トムちゃん?

実は
うーちゃんの激励隊のみなさまが我が家に到着された時
介護人、なんとか気配だけでも感じたいと
それはそれは頑張ってみたのだ。

けれど
「相当なとんちんかん」とKさんからのお墨付きをいただいている介護人
どうしても何も見えない、感じない(^^;)
そこで助け船を出してくれたのが「只今修行中」のIちゃん。

「音」なら何とかなるかも!と。
みなさま、鈴くらいは簡単に鳴らすことも出来るのだそうだ。
そこで、介護人
部屋のあちらこちらに鈴をぶら下げて
一生懸命に耳を澄ましてみていたのだ。

…なのに
ああ、それなのに
その「音」すら一度も聞くことが出来ない…。

Kさんからの連絡で
激励隊のみなさまは、予定を大幅にオーバーして
今でも我が家にご逗留中だという事はわかっていたけれど
…何とニブチンの介護人であることよ…。


それが突然の「チリリーン!」
小さな鈴なのに、はっきりした大きな音で「チリリーン!」

びっくりして、即Kさんにメールを入れたら
夜になって、そのお返事が。

「あ~、それだよ。
 ついに聞こえたんですね、良かった良かった。
 周りの猫達が、聞こえるように
 知恵を絞って一生懸命頑張ってくれた結果だと思いますので
 褒めて上げてください」

みなさまは
「かよちゃんは鈍感だな」とおっしゃっていたらしい(爆)
はい、
返す言葉がありませんです…。

毎日毎日
ひとりづつのお名前を呼んで語りかけてはいたけれど
こんな風にコミュニケーションが取れると
やはり、とても嬉しい。


激励隊のみなさま
Kさんに叱られないくらいに、ゆっくりしていってくださいね。
うーちゃんのお友達になってくれて、ありがとう。




うーちゃんも眠くて、行き倒れ3秒前なり。
060625.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/501-7d57e1df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。