上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.20 一瞬の幸せ
久し振りにキドニーケアが10グラムの大台に乗り
それはそれはうっひょ~♪な気分の介護人。
たとえそれが
焼いわしをたっぷり混ぜ込んである物だとしても…。

必要摂取カロリーには遥かに届いていなくても
うーちゃんがウマウマと食べてくれれば、それで良し。
焼いわしをほぐす手にも力が入るというものだ。
(↑ずいぶん慣れた・笑)


お昼過ぎ。

うーちゃんもご飯、食べてくれないかなーと思い
器を持って階段を上がっていった。

介護人が部屋に入ると
かごベッドでまぁるくなっていたうーちゃん
ひょこっとお顔を起こして、お鼻をフンフンフン。

あ。
これは…
ずいぶん久し振りの「ご飯どこですかー?」の合図だ。

やれ嬉し♪と急いでうーちゃんの元に駆けつけると
うーちゃん、そのままの姿勢で
「うなん・うなぁーーーんっ!」

「あ・あのう
 ただのa/dご飯なんですけど、召し上がっていただけます?」

「なんなぁーーーん!」

寝そべったままのところに捧げ持つつもりだったのに
なんと、うーちゃん
かごベッドの中できちんとお座りし直して待っている!

ひーーーーーーーー、嬉しい(T_T)

なかなかの勢いだったにもかかわらず
器から減ったのは10グラムくらいだったけれど
この「食べるです食べるです」は本当に嬉しかった。


その後も
もう一度「お鼻フンフン」の合図にありつこうと(笑)
あわよくば「食べるです、なぁーん!」も聞かせていただこうと
さりげなくうーちゃんのそばに侍っていた介護人。

期待度満点で小さなおメメをキラキラさせていたけれど
やはり…そんな上手い話は二度となかったのだった。
くぅ~。




何か問題でも?
060620.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/496-7a17b62c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。