上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよサッカーW杯、ニッポン初戦となった昨夜。
介護人、テレビを見る為に
いそいそと隣の和室に酒瓶を抱えて(笑)移動した。

テレビのスイッチを入れて
どっこいしょ、と座った瞬間…
扉をカリカリと引っ掻く音がしてうーちゃんが登場。

あ・あれ?
かごベッドで爆睡していたのでは?

うにゃーうにゃーと自己主張しながら
コタツのまわりをウロウロウロウロ
いっこうに落ち着く気配がない。

「うーちゃ~ん、
 ねーちゃんにテレビ見させてくださいよう
 おながいですよう~」

ぽんぽんと膝を叩いて
「ここにおいで♪」の合図をすると
取り敢えずは膝の上でまぁるくなる。

けれど
しばらくするとまたウロウロし始めて
盛んに介護人を和室からいつもの部屋に誘導しようとするのだ。

扉のところで振り返って
「こっちに来てくださいなー」というそぶりをされると
あんなに楽しみにしていた試合の最中なのに
つい、うーちゃんの後を付いて行くほうを選択してしまう(^^;)

かごベッドに落ち着いたのを見届けて
急いでテレビの前に戻る、
またうーちゃんが訪ねてくる、を何度繰り返した事か…。

何度目かなどは
扉の向こうから、お顔だけ部屋に突っ込んで
じーっと介護人を見つめている。

ひーーーーーーーーーー(T_T)

長いサッカーファン人生の中で
楽しみにしていた試合が、こんなに細切れになったのは初めてだ(^^;)


一生懸命におながいして
なんとか和室に一緒にいてもらう事に成功したは良いけれど
うーちゃん、介護人とテレビの間にどん!と陣取るし。
まあ…
それはそれで
一緒に応援しているような感じで嬉しかったのだけれど。

…ああ、そうだ…。
いつぞや、オリンピックでニッポンがブラジルに勝ってしまった(爆)時も
うーちゃんと一緒に応援していたっけ。

勝利が決まった瞬間
嬉し過ぎて雄叫びをあげながら家じゅうを走り
うーちゃんのしっぽをボンボンにさせてしまったっけ。


ねえ、うーちゃん
次のW杯も、ねーちゃんと一緒に応援しようね。
ずっとずっと、一緒に応援しようね、おながい。




あっ。
060613a.jpg




今、こーやって引っ張ってた。オイラ見た!
060613b.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/488-d4530a6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。