FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.03 不信心者
今度は寒くてブルブル…。
自由に脱いだり着たり出来るニンゲンですら
鼻水たら~りの状態だ。

お散歩にも
しまいかけていたコートが復活してしまったし
定位置にもフリース1枚だけでは寒かったらしい。

いつものように毛布をかけて部屋を後にし
しばらくして戻ってみると…。

うーちゃんは
きゅうきゅうにまぁるく固まって
フルフルと震えている状態だった。

た・大変。
陽当たりは良いので大丈夫かと思ってしまった。
急いでうーちゃんの隣に潜り込み
スポッと抱いて羽毛をひっかぶる。
ほどなくゴロゴロが聞こえてきてひと安心。

「あー、あったかくなりましたか?
 よかったでしゅねー、さむかったでしゅねー」

とても他人様には聞かせられない台詞を呟きつつ
幸せにぬくぬくしていると…
どこからか、太鼓と笛の音が聞こえてきた。
その音はみるみる近付いて
あっという間にものすごい音。

あ…そうか…
今日は町内のお祭りの日だったのだ。
わっしょいわっしょいと御神輿が通過していく間じゅうずっと
うーちゃんはびっくりおメメにびっくりお耳。

見れば、子供達用のちび御神輿。
そんなモノに喧嘩を売っても仕方がないとは思ったけれど
この口が勝手に呟いていた
「おのれ…ちび御神輿」と。

気を取り直してもう一度
うーちゃんのそばに戻ってうとうとしていると
違う方角から、またもや太鼓と笛の音。
やはりどんどん近付いてくる。
うーちゃん、またビクビクビク。

ムッとしながらまた覗くと
先程のよりも更に小さいちびちび御神輿with幼稚園児くらいのチビちゃんズ。

い・いけない。
暴言など吐いてはいけないぞよ。
理性の警告も間に合わず
この口はまたしても勝手に動いてしまった。

「お~の~れ~、ちびちび御神輿
 勝手にうーちゃんの安眠を邪魔するんじゃなーいっ!」


こんな暴言を吐いているんじゃ
「苦しい時だけの神頼み」なんてきいてくれるわけないじゃん…
介護人の理性さんが呟きましたとさ。





ねーちゃんのバチ当たり!
060503.jpg
            …誰のせいやねん(^^;)

Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/444-a8b92bfb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。