上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のケーは午前3時。
いつもと変わりなくご機嫌さんで寝ていたと思ったら
突然ムクッと起き上がってケコッケコッ…。
あうー(T_T)

こう連日だと凹んでしまいそうだけれど
本猫様は何故かご機嫌。
朝も、ちゃんといつもの時間に大きな声で起こしてくれて
お散歩にだってゴーゴー出かけて行く。

本猫様がへたばっていないのに
介護人が心配顔で張り付いているのもどうかと思い
ちょっとお出かけしてくる事にした。

親友Sが誘ってくれていたので
銚子の海までドライブに連れて行ってもらったのだ。
久し振りに波打ち際までおりたり
ヨタヨタと岩場を歩いたり。
大好きな海を見て、思いっきりリフレッシュ。
ありがと、S。


良い気分で帰宅すると
母がいきなり「選挙行こう~」。
どうやら
ひとりで行くのがかったるくて
介護人の帰宅を待ち構えていたらしい。

…そんなモノ、ひとりで行って下さい。
アタクシは夕飯の支度をするのです。

けれど
どうしても諦めず、グズグズ言っている。
面倒なので同行する事に。

道すがら、苦情を申し立てた。
「あのねー、アタシはご飯の支度したかったの。
 それにしてもさ
 炊飯器のスイッチくらい、入れておいてくれないかなー。
 ほんっとに、何もしてくれないよねー。」

母は胸を張って即答した。
「猫様の面倒は、みたもーんっ!!」

聞けば
うーちゃんが毛布からはみ出していないかどうかを見回り
お散歩のお供もし
(実際は、うーちゃんがテレビを見ていた母に直談判しに行ったとの事・笑)
ピンクの毛布に戻った時にはちゃんと毛布をかけ直し
おまけに、器を捧げ持ってご飯もお勧めしたと言うのである。


…介護人も思わず即答した。
「そ・そーでしたか。
 うーちゃんの面倒さえ見ていただけたのなら
 他のことなんか、どーでも良いです。
 おありがとーごぜぇましただ~。」


さ。
早く戻って夕飯の支度に精を出そう…。

選挙?
もちろんR・Iの対抗候補に
清き一票を入れてきましたとも。




やっとコートなしでお散歩出来るようになった♪
060430.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/441-75fb80e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。