上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.24 フリーズ
今朝もまた
定刻(笑)である5時少し前に介護人を起こし
モーニング・カリカリタイムに突入のうーちゃん。

…ポリ…ポ……ポリ………ポリ…。

あまりのスローペースに
ベッドの上で正座して器を捧げ持っている状態の介護人
その姿勢のまま寝そうになる。
けれど
自分から食べてくれるのはありがたい事。
この上もなく幸せな気持ちになっていた。

…その時。
ケフッとむせたような咳をしたと思ったら
うーちゃん、せっかく食べてくれたカリカリをケーしてしまった。
計5回の苦しそうなケーに
介護人の気持ちは一気に「天国から地獄へ」。

そんな介護人を置き去りにして
当のうーちゃんは、とっとと母を起こしに行ってしまった。

…帰ってこないし。


それから約1時間後
二度寝で寝ぼけている介護人のもとへ
やっとうーちゃんが帰ってきてくれた。

そして
「お茶碗持ってちょーだい」と訴えている。
だ・大丈夫なの!?

恐る恐る器を捧げ持つと
さっきと同じスローペースでモゴモゴと食べている。

ああ、良かった、大丈夫そうだ。
…と、ホッとした瞬間…
今度は、突然うーちゃんがフリーズした。
器からちょっとお顔を上げた状態のまま
微動だにしないで固まっている。
しかも、舌が出しっぱなしではないか。

また気持ちが悪くなってしまったのかと心臓が凍る介護人。
うーちゃんのお顔に近付いて声をかけた。

「だいじょーぶですか?気持ち悪い?」

「……」

相変わらずフリーズしたまま。
一体どうしてしまったのかと思い、舌をちょん、と触ってみたけれど
…それでも反応がない~~~~!

「う・うーちゃん?」

「……」

10センチくらいの距離で
顔を見合わせたまま固まっているうーちゃんと介護人。
あっかんべー顔 VS 縦線顔。
何と長い時間に感じたことか(T_T)

意を決して
もう一度、うーちゃんの舌をツンツンして声をかけた。

「もしもーし、うーちゃんてば~!」

「…んあ?」

…よ・良かったあ、元に戻った~。
でもその「んあ?」って…(^^;)


ついさっきも
大きな声ではっきりと寝言を言っていたうーちゃん。
もしかして今日は
誰かと秘密の交信でもする日なのだろうか…。




あっ、○○ちゃん!
060424.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/435-2d836f0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。