上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「うんにゃーっ!」

うーちゃんが玄関で呼んでいる。
本日2回目のお散歩の要請だ。

はいはいはいっ、とうーちゃんのもとに馳せ参じると
全身から
「お・さ・ん・ぽ・い・く・で・す・っ」という
ものすごいオーラを発して玄関マットの上で頑張っている(笑)。

さっとコートを着ていただき
続いてハーネスも装着完了。

「はーい、お待たせしました、参りましょー♪」

…あら。
違うらしい。
目の前の介護人を無視して
ひたすら母のいる洗面所のあたりを見つめている。

けれど
自分に都合の良い事しかキャッチしない母の耳には
先程のうーちゃんの「うんにゃーっ!」は全く聞こえていないらしく
玄関に走ってくる気配は微塵もない。

「かーちゃんは忙しいんだって。
 ねーちゃんと行きましょー。」

一生懸命にお誘いしても
うーちゃんは母の方を見つめるばかり。
今日は1回目が介護人の担当だったので
2回目は母にお供をさせたい気分らしいのだ。

仕方がないので
介護人がうーちゃんの代わりに叫ぶ。

「かーちゃーーーーんっ、おさんぽおながいなのーーっ」

やっと気づいた母
とっとと走ってくれば良さそうなものなのに
なんだかんだとノタノタしている。



それでもうーちゃんはひたすら待ち続けた…。

060419a.jpg



お耳ダンボで待ち続けた…。

060419b.jpg



「わーい、やっとかーちゃん来た♪」

060419c.jpg



めでたしめでたし。


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/430-a98d2715
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。