上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.25 悪夢の報復?
真夜中に突然
猛烈な吐き気と腹痛で目が覚めた介護人。

のたうちまわりたいのはやまやまだったけれど
それでは、足もとのうーちゃんを起こしてしまう。
介護人的には、それは一番のNGだ…。

そーっとベッドから抜け出して
這うようにトイレへ向かう。
ぎ・ぎもぢわりぃー。

ピー&ケーで
しばらくトイレに籠りきり。
七転八倒しながらも
「うーちゃんの気持ちが良くわかった~
 お揃いだお揃いだ、嬉しいぞ~」
とお馬鹿な事を考えてしまった。


ゼイゼイ言いながらトイレから出ると
いつの間にか、うーちゃんがドアの真ん前に来ていて
きちんと座って介護人のほうを見上げている。

で、おもむろにひと声
「にゃぉー?」

ううう、まるで
「だいじょーぶ?」と言ってくれているようだ。

本当はちっとも大丈夫ではなかったけれど
顔を引きつらせながら答えてみる。
「うーちゃん、ありがと。
 たいしたことないよ、だいじょーぶ。」

その後、うーちゃんは
ヨタヨタとベッドに向かう介護人を先導するように一緒に歩いてくれ
その間ずっと、にゃおにゃおと話しかけてくれた。

ぎもぢわりぃー、おながいだいー。
…でもなんだか…幸せかも…(爆)


朝、目が覚めてみると
あの騒動がウソのようにケロリン!
どこも何ともない。

あれは一体何だったのだろう。
悪い物でも食べてしまったのだろうか。
そんな、しよーもない物を食べた記憶はないぞ。

…あっ。
もしかすると…
一昨日あんぐりといった「うーちゃんの悪夢」かぁ!?




だいじょぶ?
060225.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/375-ec7fd764
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。