上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.17 小さな願い
緊張の朝の「運光さまタイム」。

ピーでもなく、カチンコチンでもなく
あとにケーも続かず、ひとまずホッと安心する…。

けれど、またしても1時間ほど後
トイレに介護人を呼びつけて
うなうな文句を言いながら出たり入ったりを繰り返す。

あのう…
2回目がピー、というパターンですか?
そうなんですね(T_T)

仕方がないので
しおしおとケー受けのペットシーツを持ち出し、溜息まじりに見守る。

介護人だけでは応援不足らしいので
応援のプロ(爆)である母にも友情応援してもらう。

けれど、結局2回目はナシ。
ピー&ケーに見舞われなかったのは嬉しいけれど
あの出たり入ったりは一体何のパフォーマンスなのだろう(^^;)


ちょうどネフガードが切れて病院へ貰いに行くので
うーちゃんにも同行してもらう事にした。

診ていただいた限りでは
膀胱炎の様子はないそうだ。
運光さまとケーの因果関係はわからない。
強いて言えば
うーちゃんの抱えている腫瘍は内臓にもあると考えるのが妥当で
それが悪さをしていると考えられると。

…わかっているさ。

「それ」を見つけ出すことも全てを切除することも
今のうーちゃんには不可能だということは。
ずーっと前から、わかっているさ。

だから
少しでも穏やかに
少しでも悪さをしないで共存してくれー、と祈る毎日なのだもの。


当のうーちゃんは
病院から戻ってから、何故かとってもご機嫌さん。
a/dをもりもり食べて
ピンクの毛布の上で大イビキ。

自分のイビキで目が覚めて
ハッとあたりを見回している姿のおかしさったら。


先の先の事なんてわからない。
だから小さな願いごと。
「明日もうーちゃんがご機嫌さんでいてくれますように」。




何覗いてんだよぉ~。
060117.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/332-696e9e6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。