上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぷーぷーと二度寝して、爽やかに目が覚めた介護人。
足元にうーちゃんの気配はない。
もう起きて、コタツにいるのだろう。

が。
さて起きるかー!と大アクビを一発したその時
かすか~な声で
「…み…。」

へっ?
いたの?うーちゃん。
そんなに気配を消しているなんて珍しい…。

おはよ、どーしたの?と、うーちゃんに手を伸ばしたら
ヒヤッと冷たい感触。

びっくりして飛び起きると
お口から顎、胸やら腕まで
ケーのあとで汚れてしまっているうーちゃんが(T_T)

これ以上情けない顔はできないという程情けない顔で
「…気持ち悪いよー」としょんぼりしている。

すぐに起こせば良いのに
いつからそうやって気配を完全に消して
介護人が起きるのを待っていたのだ(T_T)

あまりに広範囲で
自分でお手入れする気力もないのだろう。
お口をクチャクチャさせながら
悲しそうに「ふ~ん」と訴える。

唖然としている場合ではない、と
大急ぎでティッシュやら何やら持ち出して
汚れを拭き取る介護人。

はじめは
この世の終わりのような風情だったうーちゃんも
キレイになってくるにつれ、だんだんとご機嫌が回復してきた。

1センチ四方だけ汚れてしまったピンクの毛布は部分洗いし
(天気が悪くてお洗濯は無理だと判断…)
ドライヤーでガーガーと乾かした。

すぐにベッドの上に敷き直して
その上でブラッシングをする頃には
やっとゴロゴロ言う余裕も出てきた。
はぁ、ひと安心…。


本日の原因は、またしても運光さま。
ピーがおさまった反動で
カチンコチンの運光さまになり、
そのせいで踏ん張りケーになってしまったのだ。

ピーで、ケー。
カチンコチンで、ケー。

こんな状態では
かなり食道や胃も荒れてしまっているはず。
どうにかしてやれないものか(T_T)

…運光さま出すな~、というわけにもいかないし(爆)

本猫様が
普段よりは大人しいものの
不機嫌ではないのが大きな救いだ。


運光さま。
どうかどうか、ご自身だけするりとお出ましくださいませ。
伏してお願いつかまつります~。



お友達と「自殺睡眠」中。
060116.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/331-40d7dd17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。