上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うーちゃん
なんだか、変なブームの真っ最中らしい。

夜中に運光さまが出ると
母の部屋に直行して、勢いよく引き戸をガラッと開ける。

そして
枕元でひと声「うにゃーっ!」と言い捨て
母が起きるのを待つでもなく部屋を出て
階段をドドドドドーッと上がってくる。

寝ぼけマナコの母が
何事かと部屋の電気をつける頃には
とっくにうーちゃんの姿はない。

あとには
うーちゃんが開けて行った引き戸。
自分が入るのに必要な幅の3倍程も開けっ放しにされたままの…。


ガラッ!うにゃーっ!ドドドドドーッ!

この一連の音を聞いている介護人には
運光さまだという事がわかるので
部屋に戻ってきたうーちゃんに言ってみる。

「うーちゃん、運光さま出たの。
 偉いねー、お知らせアリガトね。
 すぐにお片づけしてくるから待っててね。」

うーちゃんは得意気にベッドに飛び乗り
お口のまわりをぷっくり膨らませておすまししている。


片付けを終わって部屋に戻ると…
うーちゃんはいつも
ちゃんとおすわりして待っていてくれる。

そして
「お片付けしてきました。
 かっこイイ運光さま、ありがとね。」という報告を聞くと
満足したようにズボッと毛布に戻っていくのだ。


しかし…。
部屋に戻る途中でわざわざ母のところに寄り道して
「出たーっ!」
と言い捨てていくのには何かワケがあるのだろうか…。

この変なブームが終わるまで
母は頭の上からスースーと吹き込んでくる
冷たい空気を我慢しなければならないらしい(^^;)



オイラはいつでもぬくぬくだよ。
051219.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/294-2727ea54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。