上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カリカリを小分けにする時に
なんとか真空状態に近く出来ないものかと
わたわたしていた介護人。

最後は人力、ストローで空気を吸い出し
ゴホゴホとむせる始末。

そんな介護人に
また、救いの手を差し伸べてくださった方がいた。
「こんなのどうでしょう?」とその方が教えてくださったのが
これ、「キッチンパッカー」だった。

本日、晴れて(?)キドニーケアのパックに挑戦。

あ。
楽ちん。

パワーはそこそこなので
あまり大きな袋だと、気の短いヒトは
「キーッ、ノロイわっ!」となるかもしれないけれど
介護人にはいたって快適。

ゼーゼーいうことも
ゴホゴホむせることも
ほのかにカリカリの匂いになってしまうこともないのだもの。

出来上がりはこんな感じ。
051207a.jpg

上部をシーリングする前だけれど
空気が抜けている様子が…あ?わからないか…(^^;)


ニンゲンの食べ物なんて
密封しようなんて、これっぽっちも思わないのに
お猫様のご飯には目の色を変えてしまう。

少しでも
ほんの少しだけでも、うーちゃんの身体に良いように。

このキッチンパッカーも
当然、お猫様グッズの引き出しに収納された。
ニンゲン用に使う予定などさらさらない、というワケだ(爆)。


麦芽さま、ありがとうございました。
おかげさまで
このトシになってから肺活量を鍛えるなどという
過酷な運命を背負わずに済みました…m(_ _)m




久し振りに良いお天気。
うーちゃんin落ち葉…実はシッコ中。
051207b.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/285-313de56d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。