上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.26 パック大作戦
スペ公、最後の「1キロ入り」を開封。
このあとは
あの、恐怖のデカ袋だ…。

そいつに辿り着いてしまうまでに
何とか対策を考えねば…そう思っていた矢先
耳より情報のタレ込み(笑)があった。

「S館(町の公共施設)のロビーに
 バザー品が並んでいる。
 その中に、パック器らしいものがあった。新品500円也。」

聞いた瞬間立ち上がり、車に飛び乗ってS館へ。
値段からいっても、
「真空パック器」ではないだろうけれど
それでも一見の価値は大ありだと思ったのだ。

現場に着いてブツを見ると
「密封パック器」とある。
中の空気をモーターで吸い出して
そのままパウチして、密封出来るものだ。

真空パック器には遠く及ばないけれど
ないよりは良いだろう、とお持ち帰り決定。


早速、今日開封のスペ公でトライしてみる。
保存用袋に中身を入れてセット。
スイッチオン!
…うぃ~~~~~~ん…。

あ、吸ってる。
ちょっとパワー不足の感じだけれど、一応吸ってる。
パウチも簡単。一丁あがり。

まぁこんなものかな、と眺めていた介護人
またしても閃いてしまった。
パワー不足なら、掃除機で吸ってみれば良いかも!

別の袋を用意して、またトライ。
さすがにエライ勢いで吸う。すぐに真空もどき。
しかし。
掃除機のノズルを抜く時に
空気がどどどーっと入ってきてしまって失敗…。

ならば。
今度は「S町動物病院」のお姉さんに教えてもらった
ストロー作戦だ。

袋の端っこにストローを挿して
ひたすら人力で吸い出す!
かなり地味な感じだけれど、これで面白いように空気が抜ける。

すーすーすー。
す~…うっ・ゴホゴホゴホ!!
…むせた…。

あ。
むせた拍子に、ストローから空気が戻ってしまった…。
一休みする時には
ちゃんと指でストローを潰して逆流をストップさせなければ。
ハイもう一度。

ストロー作戦だと
掃除機のノズルと違って
口を閉じる時にもほとんど空気が入らなくてすんだ。

そしてパック器に戻って
ジッパーの更に下側をパウチしてみたら…
あら。
さっきよりまぁまぁなモノが出来上がったではないか。


…人力もなかなかのものだな。
しかし
お口の中、ほのか~にスペ公の匂いになってしまったぞ。




介護人の苦労など、どこ吹く風。
051126.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/274-800cd618
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。