上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとつめ。


いつもなら目覚まし時計が鳴る頃…。

耳元で、小さな小さな声がする。
「…ふぇ…。」
あ。お猫様目覚ましだ。

いつもの時間だけど~、起きなくていいのかな~、とでも言うように
じーっとこちらを覗き込んでいる。

「うーちゃん、おはようをありがとう。
 今日はお休みもらってるから大丈夫なんです」と言うと
モソモソと半分だけ毛布に潜り込んだ。
そしてまた、じーっとこちらを見つめている。

ああ、もう
この体勢でモーニング・カリカリをする季節になったんだね。
はいはい、すぐにお持ちしますよ。

「はーい、お待たせ」
「ふるるるぅ~♪」
「おいしーですか?」
「る♪」

…何と幸せなひとときよ…。


ふたつめ。

お猫様的に、とっても寒い一日だったらしく
フリース毛布を2枚重ねで被ってプープー寝ていたうーちゃん。

うーん、とノビをした拍子に
お顔だけがちょこんと毛布から出た。
ありゃま、可愛い。

介護人、うーちゃんの隣にまぁるくなって
お顔のどアップを見ながらホクホクホク。
すると…
うーちゃん、アゴをみょーんと伸ばして
介護人のほっぺたを枕にした~(^o^)

うひょひょ、おヒゲがくすぐったいです。
うーちゃんの鼻息がプースカ聞こえるです。
あ、今ちょっと牙が当たってチクッとしましたぁ。

…何と、何と幸せなひとときよ…。



ウルサイ枕…(-_-)
DSCF1039.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/246-1ba838b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。