上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.30 気になる和室
介護人の部屋の隣は
テレビのある和室なのだけれど
テレビというものをほとんど見ない介護人は
滅多にその部屋には入らない。

たまに入っていると
珍しいのか、必ずうーちゃんが現れる。
そして、部屋のどこかにちんまり陣取って
介護人が部屋から出るまで付き合ってくれる。

部屋を出るとき
「さー、行くよ」と声をかけると
どんなに爆睡体勢でもスックと立ち上がって
介護人と一緒に部屋を出てくれるのが、何とも言えず嬉しかったり…。

今日。
久々にテレビの前にどっかりと座り込むと
約30秒程(笑)で一階にいたはずのうーちゃんが登場。
いつものように
自分の場所を探してウロウロしていたのだけれど…。

今日は、見ていた番組がマズかった。
Jリーグ・鹿島アントラーズのゲームだったのだ。

ただでさえボリュームを上げ気味のテレビなのに
生粋の鹿ファンの介護人が
ところどころでギャーギャー大騒ぎするものだから
うーちゃん、あきらかに迷惑顔。

ここにいたいけど、ウルサイよ~。
ウルサイけど、ここにいたいよ~。

何度か場所を変えたあげく
…とうとう出て行ってしまった…。
ごごご・ごめん、うーちゃん。

介護人の部屋へと向かう後ろ姿が
なんだかトボトボしているように見えるし…。

急いで後を追って
カウチに落着いたうーちゃんに謝りまくる。
うーちゃん、フテ寝。

ハーフタイムの時にも
ゲームが終わった後にも
ひたすらひたすら謝りまくったのは言うまでもない。

「うーちゃん、ごめんねごめんね。
 ごきげんすくなくなっちゃったですか?」

…優しいうーちゃんは
「うるるる~ん」とお返事して
すぐにゴロゴロ言ってくれるのであった。

あ・ありがと、うーちゃん(T_T)



只今腕枕中♪
DSCF1032.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/245-bef32db9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。