上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.03.12 うーちゃん
本名:卯 
1987年の4月頃生まれ。
同年7月の夏祭りの朝我が家に迷い込む。
…というか、おしかけてきた。

その日の朝早く、まだ私が爆睡している頃
母が「可愛い仔猫の声」を聞いた。

たいした考えもなく外を見に行ってみたら
「その物体」がビューッとすごい勢いで母のもとへ走ってきたのだそうだ。
しかし母絶句。
それは可愛いとはほど遠い、ガリガリに痩せて真っ黒に汚れた
耳ばかりが大きな仔猫だった。

とりあえず、通路に置いた洗面器のなかに保護してムスメ(私だ)が起きてくるのを待つ。
起きてきたムスメは「絶対嫌だ」と言った。
代々の猫を交通事故で亡くし
つい半年前にも悲しい別れがあったばかりだった彼女は
もう猫と暮らすのをやめようと思っていたのだった。

「とりあえず、見るだけ見て、今眠っているから」という母の言葉に
「じゃあ見るだけね」
…とそ~っと覗いた洗面器の中で…
その仔猫はじーっとこちらを見つめていた。
なーんにも言わずに見つめていた。

かくしてその仔が「卯」という名前をもらうまでにたいした時間はかからなかったのだった…。

DSCF0002s.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/2-30a9eb4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。