上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
唯一起こせていた首も
ほとんど起こせなくなってしまった。

そして
シッコのコントロールも自分では出来なくなってしまった。
気の向いた時がトイレタイムになったので
とにかく目を離さずに、シーツが汚れたら即交換!が至上命令になった。

うーちゃんは気遣ってくれたのかもしれない。
いくらそっと抱き上げようとしても
骨というか関節がカクンカクン…となるうーちゃんを
トイレにご案内するたびにヒヤヒヤしていた介護人の気持ちを。

「ねーちゃん、 長い間ご案内アリガト。  
 オイラもう、ここでイイですから」と…。





うーちゃん、お囃子が聞こえますか?
山車がやって来ましたよ。
21年前、かーちゃんに向かって突進して来てくれたあの日。
あの日と同じ夏祭りのお囃子ですよ。

ねーちゃんと一緒に聞く
22回目のお囃子ですよ…。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。