上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぐったりと横になっているかと思えば
突然モゾモゾと動こうとするうーちゃん。
アンヨをバタバタさせていたり
おテテだけで匍匐前進しようとしていたり…。

動きたいという意志はあっても
もう自分で全く移動は出来ないうーちゃんなので
こんな時にはすかさずお伺いをたててみる。

「うーちゃん?
 どこか行きたいでございますか?
 それとも寝返りでございますか?
 何なりとおっしゃってくださいな~」

けれど悲しいかな
介護人にはうーちゃんの言っている事がわからない。
あれかしらんこれかしらん、と考えているうちに
うーちゃんは
「やっぱ、も~いいです」と
クテッと元の体勢に戻ってしまう…。

あうう、役にたたない~(T_T)




何度も何度も…
お水すらケーになってしまい
その度に本当に苦しそうなうーちゃん。

うーちゃんはただ
一生懸命に与えられた「生」を全うしようとしているだけなのに。
ただそれだけなのに
どうしてこんな辛い目に遭わなければならないのだろう。


命日のぽんこのお墓に
山盛りのお線香を立てて語りかける。

どうかうーちゃんを守ってくださいと。
必要のない苦しみから守ってくださいと。
ねーちゃんはそれでも笑っていようと思うから
どうか、強力サポートをおながいしますと。

ぽんこ。
ぽんこ、そこにいるよね?
どうかどうか、おながいね。







ベッドin ベッド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。